日本遺産「炭鉄港」構成文化財「クラウス15号蒸気機関車」

クラウス15号

小さいながらも重量感ある黒いボディを誇示するこのSLは、石炭貨車の運搬に活躍してきた力持ち。
全長7m90㎝、全高3m62㎝、全幅2m50㎝の可愛らしいSL、現存する小型蒸気機関車では非常に保存状態の良いものです。

明治22年(1889)にドイツ・ミュンヘン市のクラウス機関車製造所で造られ、九州鉄道を皮切りに国鉄、東京横浜電鉄を経て、沼田町の明治昭和炭坑に入山したのが昭和6年です。
以来石炭貨車の運搬に活躍し、昭和42年12月に引退。

昭和44年の同炭坑閉山と同時に町に寄贈され、昭和45年に町の有形文化財として、また平成22年にはJR北海道より「準鉄道記念物」、令和元年度に日本遺産「炭鉄港」構成文化財に指定されました。

イメージ画像

クラウス15号蒸気機関車

クラウス15号蒸気機関車指定認定関係

・ 昭和45年(1970年)沼田町指定文化財
・ 平成22年(2010年)準鉄道記念物
・ 令和元年(2019年)日本遺産「炭鉄港」構成文化財

観光地情報

施設名

日本遺産「炭鉄港」構成文化財「クラウス15号蒸気機関車」

住所

北海道雨竜郡沼田町字幌新381番地1

営業時間

要予約

定休日・休日

要予約

料金

無料

ホームページ

https://www.town.numata.hokkaido.jp/section/kyouiku/ujj7s30000001h3p.html

JR石狩沼田駅より町営バス20分。旭川から50分。札幌から道央自動車道で90分

関連記事

  1. 道の駅ライスランドふかがわ

  2. 丸山公園

  3. 幌新いこいの森公園パークゴルフ場

  4. 萌の丘

  5. 妹背牛温泉ペペル

  6. 北竜ひまわりまつり